スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人事

 また、人事異動の時期となりました。組織改変に伴う人事異動ですが、なんぼ組織を変えても、中に要る人が変わらないのだから、悪くなることは有っても良くなることは無いということに、いつになったら気がつくのでしょう? って、気がつかないから、毎年毎年組織変えand人事異動。上層部といわれる部長以上が、何も変わらんのに変わる分けないわ。「こんなに考えて、いろいろと人事を変えてやってるのにだめなんです。」と、己等の責任を部下のせいにしとるだけとしか、もう映らん。
 「何もしないやつが偉くなる」といったことが今後無いように、人事評価を変えます。 という人事の説明に多少期待をしていたが、全く裏切られたですわ。同じ穴のムジナということでした。
 愛想が尽きました。家のローンが有るのですぐには辞められないが、転職先が見つかったら、「発つ鳥跡を濁しまくって」辞めますわ。引き継ぎ無しでさようなら。 これくらい、これまで受けた仕打ちに比べれば可愛いものです。

 といった愚痴が出るような人事はどうかと思うね。世の中、不公平なのは重々承知だから、我慢するより、少しでも我慢しなくて良いところへ移る(簡単には、まともなところ)のが、自分のためですわ。
スポンサーサイト

2015早々に

新年早々に、馬鹿息子とかみさんが喧嘩をして、警察沙汰に。 危険を感じた娘が連絡をしたらしいのだけど、勘弁してくださいよ。私は単身赴任で家に居ないし、大事なときに居ないとののしられる。とばっちりもいいところ。多少狂っている息子の感情を逆なですることをいう母親なので、どっちもどっちかも、、、というと、何も知らないくせにと言われるだけなので、黙っていることにする。

このところ喉が変

 久しぶりの更新。やはり、何かないと更新しない。
先月、舌と喉周辺のCT検査をして、何とも有りませんでした。よしよしと思ってたのですが、3月末頃に扁桃腺が腫れた時のような痛みが、首と胸の付け根あたりの喉に発生しました。風邪かいなと、あまり気にしていなかったのですが、ひりひりする痛みはおさまったものの、つばなどを飲み込んだときに、痛いというか、少し痛いんじゃないのと言うくらいの違和感がずっと続いていて、不安になってます。定期診察のときにこれを言ったら、鼻から喉を観察する内視鏡で主治医が診てくれたのですが、何もないですよとのこと。のど仏のところまでしか耳鼻科は診ないそうで、僕が違和感あるのはもっと奥なんだけど、、、。 5月末に,術後1年半ということで、PET-CTを受けることに決まっていたので、結局それにて診断するということらしいです。食道癌?とか考えちゃいますよね。ネットが普及しているので、いろいろ調べられるのは便利だし、知識欲が満たされて良いのですが、知らなくても良いこともどしどしはいってくる。病気の場合、いろいろ不安が増大するばかりで、なんかあんまり良くないと思うのですが、調べるのは止められない。右の胸にも変な痛みがある。PET-CTの結果何でもなければ、きっとこれらの痛みも消えてしまうような気がする。そうであって欲しい。

久しぶりの更新。 やっぱり、何かないと更新できないようです。普通はそうだよなぁと正当化してみても、調子の悪いのが解消するわけでなし、癌とは、体も精神も蝕むものなんだと改めて思ってます。
 舌癌手術したのとは反対側の喉(扁桃腺の下あたり?)が、このところずっと(2週間以上)痛いので、咽頭癌ではないかとかなり心配になってきています。風邪引いて喉が痛いのであれば何も心配しないのですが、風なんか全然引いてません。なのに、ものを飲み込む動作のときに多少痛いのと、うまく言えないとき使う「違和感」があります。リンパ腺ははれていないようです。自分の触診では。
 2ヶ月ぶりの癌検診があったので、このことを言ったら、鼻から内視鏡をいれて、喉を観察してくれました。で、特に問題ありませんってことになりましたが、「痛いのはなおっとらんやんけー」「なに診とんじゃー、ぼけ、かす」というのが私の感想で、それが顔に出たのかどうかは分かりませんが、1ヶ月後にPET-CT検査とあいなりました。3万円コースですが、これで大丈夫だったら安心できるので、この検査をしましょうと言われたときはある意味嬉しかった。

動脈瘤精密検査結果

 もう3月も半ば、以前にも書いたかもしれないけれど、ブログ更新が無い場合は、何ともなかったか、それともそれどころではないほどだめで落ち込んだかのいずれか。(ある意味死んだような。。。)
で、今回はというと、経過観察に相成りました。大きさは1cmくらいあるらしいけれど、くも膜の外側でかつ、頸動脈が折れ曲がってから頭の中に入る直前の場所にあるのですが、それは破裂確率0.5%くらいしか無いので、まず大丈夫とのこと。この確率の意味は、1年あたり0.5%ということらしく、10年で5%という計算になるらしい。私の年(55歳)だど、平均寿命まで焼く20年だとすると、破裂確率10%。通常の動脈瘤は2%から3%/年らしいので、20年だと40%から60%だがら、これは危ない気がするけれど、私の場合は、まっ、大丈夫でしょ。次は11月にMRA検査で、また血管を見るということに。 破裂確率低いとはいえ、血圧は下げないといけないということで、降圧剤が沢山処方されるようになりました。ひと月9000円も薬代がかかる。診察と合わせて1万円/月で、これが正直痛いです。なんとかならんものか。。。4月からまた減量するかな。
 そう言えば、3月29日は癌のMRI検査です。これを無事過ぎれば、3ヶ月に1回の割合で検査に行けば良くなるので、交通費や病院代が楽になります。(鎖骨下のリンパや、右側喉が痛いので、それが気のせいとか、その他の理由とか、癌転移でないことを祈ってます。癌で死ぬ死なないという以前に、食道や、首廻りに転移して、それを手術して取ると声がでなくなる可能性が有るので、まずそれが怖いです。その後声が出なくなるということが分かっていて切除手術を受ける勇気が出るか、声がでないのが耐えられるか、、、。今は、耐えられない気持ちが強いので、とても心配です。)
 転移したらどうしようとばかり考えてしまうので、仕事に身が入らない。どうやってこの状況を抜け出すのか、まじめに考えないといけない。出来ることを精一杯やるべきなんだろうけれど、そんな気持ちになかなかなれない。
プロフィール

yangfuang

Author:yangfuang
突然の舌癌
そして突然のブログ
50代中盤のおやじの愚痴
ただそれだけ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。